バイク高額買取.com
TOP > 相場 > 大雪でバイクオークションにも影響

大雪でバイクオークションにも影響



大雪でバイクオークションにも影響

ソチ五輪が盛り上がりを見せる中、日本は記録的な大雪に見舞われています。

ウワサでは日本一熱い男、松岡修造さんがオリンピックの応援のためにソチに向かってしまったため、日本には寒波が来て、代わりにソチが記録的な暖冬となっているという話です。ソチはあまりに暖かく、競技に必要な雪も人工のものを用意しているとか。

まあ、ちょっとした冗談ですが、彼が日本を去ってから記録的な寒波に襲われるのは今回が初めてではありませんし、彼のキャラクターを知っていると、妙な説得力がありますよね。

さて、日本はこの大雪の中、山間の集落が孤立したり、交通機関のマヒで流通が滞り、商品が市場にうまく届かないという事態があちこちで起こっているようです。それは、バイクも同じ。

横浜のバイクオークション会場でも積雪が確認され、出品台数が大幅に減ってしまったということです。横浜なんてなかなかの都市部なのに、それでも20%も影響が出ていると言います。

また、バイクの買取もうまくいかない状況が続いているそうです。バイクを査定で見せたくても雪に埋もれて見せられない、査定先に行きたいスタッフとが途中で立ち往生してしまう、買い取ったはいいけどその後バイクを移動させられない……などなど。

今は一時的な問題で済んでいますが、このまま雪による影響が長期化すれば、バイク買取の価格も影響を受ける恐れが出てきます。今のところ価格が雪で変動したという話は耳にしていませんが、雪が落ち着くまでちょっと様子を見た方がいいかもしれませんね。

 

バイク買取人気ランキングはこちら