バイク高額買取.com
TOP > 相場 > バイク市場が成長の見通し

バイク市場が成長の見通し



景気低迷が続く日本。自動車もスポーツカーや大型高級車がもてはやされたのは過去の話。今では経済性で有利な軽自動車などが市場に君臨しています。

バイクもこの不景気で大きな影響を受けています。車に比べ、機動性に優れているのがバイクの持ち味ですが、やはり荷物を運べるなどの武器が少なく、大人の趣味としての位置づけが否めません。

実際バイク市場は昔に比べて大幅に縮小傾向にあり、買い手がいない市場では、買い取り価格も期待できないのが現実です。

しかし、アベノミクスや新興国の成長で少し景気が上向いてきた今、その流れに変化が起こっているようです。

最近、バイクを買う中高年が増えてきているそうです。この世代は、若い頃にバイクを乗り回していた、いわゆる「リターンライダー」です。バイクで颯爽と風を切るあの感覚、乗りたいバイクをカスタムしていくあの満足感。大人になり、子供もある程度大きくなって、経済的に余裕が出てきたこの世代が、また遊び心を取り戻してきたというわけですね。

また、バイク離れが進んでいる若者世代ですが、市場が活性化され、若者をターゲットにした「軽」タイプのバイクがしばらく販売される兆しがあります。大型バイクではなく、原付から小型バイクの燃費がよく、機動性があるタイプのモデルです。またスマートフォンが充電できるなどの、今だからこその実用性を重視した機能も新モデルにはどんどん搭載される見通しです。

市場が活性化すると、買取の査定額も期待できるようになる可能性が高くなります。家に眠っているバイクを確認する時が来たのかもしれません。

 

バイク買取人気ランキングはこちら